太鼓を使う

和太鼓についての説明

和太鼓とは、日本の打楽器の総称で太鼓と鼓に大きく分けられます。主に、歌舞伎のような芸能や神社仏閣の儀式などに用いられます。 他の楽器に比べ、パフォーマンス的な要素が強いことから、企業イベントや海外向けのイベントに演奏されることも多いです。 和太鼓にもいろいろな種類があり、演奏の用途によって使い分けられます。一本立ちの大太鼓から和太鼓演奏の魅力である大人数による打ち込みまで、バリエーションも様々です。 また、筝、尺八、三味線などとコラボすることで、より和太鼓の魅力を発揮させるような演奏方法も見られます。 プロの演奏家を専門に派遣する会社も多く、演奏会やイベントなどの企画作りから参画してもらうこともできます。 若手演奏家や国際的に知られる実力者、ユニットなど多くの演奏家が活躍しています。

演奏会やイベントを通して魅力を知る

和楽器の場合、お家制度の存在があり、一般的な市場におけるその他の楽器のような簡便性がない、と思われています。しかし、昨今、和太鼓のパフォーマンスの魅力が知られるようになり、和太鼓のプロが増えてきました。 その結果、コンサートのような機会だけでなく、結婚式や企業のアトラクションなど様々なイベントへの参加が増えています。 小規模イベントや出張レッスンから国内外での公演会の企画運営まで、和太鼓に関連したサービスはますます多様化しています。 今後は、学校現場でのパフォーマンスを通し、和楽器の魅力を子供たちに紹介したり、海外のアーティストと和太鼓が共演することで、その魅力をもっと世界に紹介していって欲しいものです。